コンセイユ(CONSEIL)静岡県西部・浜松市の転職・求人情報-コンセイユ(CONSEIL)

ホームへ戻る

求人情報

株式会社コンセイユ ホーム > 求人情報 > 技術系(電気、電子、機械) > (静岡県)機構(構造)設計/(リチウムイオン電池)/トヨタ・パナソニック共同出資会社エコカー用電池 世界シェアNo. 1メーカー

(静岡県)機構(構造)設計/(リチウムイオン電池)/トヨタ・パナソニック共同出資会社エコカー用電池 世界シェアNo. 1メーカー

No.11241
勤務地 静岡県湖西市
会社の特徴 当社は1996年に「トヨタ自動車」と「パナソニック」の共同出資により設立された、ハイブリッド車・プラグインハイブリッド車用の電池メーカーです。
実は、ハイブリッド車用の電池市場では、当社が開発した製品が17年連続世界シェアNO.1を誇っています。車載用「ニッケル水素電池(NiMH)」 「リチウムイオン電池(Li-ion)」のトップメーカーとしての実績をもとに、電池材料の開発から電池パックの設計・評価・生産までをお客様にトータルで提案し、サポートを続けている企業です。
仕事内容 ■車載用リチウムイオン電池の機構(構造)設計業務
【具体的には】
 ・リチウムイオン電池の構造設計及びCAE解析
 ・設計品の試作と評価
 ・設計品の信頼性及び量産性検証

<仕事の魅力・募集背景>
■電池の設計者になることは、成長市場での将来性と活躍が約束されています。
 今、地球規模で環境問題・エネルギー問題に対する関心が高まっています。
 そのため、世界中の自動車関連企業がしのぎを削って環境に優しいエコカーの開発に取り組んでいます。
 当社は、1997年に発売された世界初の量産型ハイブリッド車"プリウス"を皮切りに これまで1,500万台以上のエコカーを世に送り出し、エコカー用電池のリーディングカンパニーとして業界を牽引してきました。
 今回は、今まで以上に注力して電池開発に取り組んでいく、リチウムイオン電池の構造設計者の募集です。
 ここでは、設計者が電池の構造設計に携わる魅力について触れたいと思います。

●電池の性能を大きく左右する仕事です。
 現在、高容量・高出力・低コストの車載用電池の開発が世界各地で行われています。
 通常、電池の開発というと、電極・電解液等の開発がフォーカスされがちですが、 電極・電解液を収納するための"ケース(電槽)"、電流を取り出す"集電経路"の構造設計は、 電池の性能全てに大きな影響を及ぼす大変重要な仕事です。
 また、安全のキーパーツであるガス排出弁など安全を担保する部品設計も極めて重要な仕事です。
 (例えば、"ケース(電槽)"の形状は、電池の安全性・冷却性・搭載性 等に大きな影響を及ぼします。)
 構造設計担当者の仕事次第で、電池の性能が飛躍的に高まっていく可能性があるのです。
 ●自ら設計した製品の評価・製造等に立ち会うことができます
 開発拠点のある本社(大森工場)には、生産を行う工場だけでなく、開発中の製品を評価解析するための大型試験設備も備わっており、 自らの仕事の成果に触れやすい環境があります。
 電池=化学系だけではありません。
 私たちの事業に将来性と社会的意義を感じ、「自らの力で新しい電池を作り出していきたい」 そんな技術者スピリットに溢れた方からの応募をお待ちしております。
対象となる方 【必須要件】
〈過去業務経験〉 
 ・企業での機構、構造、材料関連の設計経験 2年以上
 ・3D CADによる構造設計
(ヒューマンスキル)
 ・報告資料の作成と第3者への説明ができる
 ・新人及び派遣社員等の指導、育成ができる
【歓迎要件】
 ・リチウムイオン/ニッケル水素電池の構造設計及び
  検証・評価の経験者
 ・CAE解析(強度解析、熱解析)の経験者
 ・測定機器及び解析機器の使用経験者
推定年収 450万円~750万円 ※残業時間(30時間/月)と賞与を含めて算出した年収
備考

ページの先頭へ