株式会社コンセイユ静岡県西部・浜松市の転職・求人情報-コンセイユ(CONSEIL)

ホームへ戻る

求人情報

株式会社コンセイユ ホーム > 求人情報 > 技術系(その他) > 生産管理

生産管理

No.10387
勤務地 静岡県湖西市(本社)
会社の特徴 当社は1996年に「トヨタ自動車」と「パナソニック」の共同出資により設立された、ハイブリッド車・プラグインハイブリッド車用の電池メーカーです。実は、ハイブリッド車用の電池市場では、当社が開発した製品が17年連続世界シェアNO.1を誇っています。車載用「ニッケル水素電池(NiMH)」 「リチウムイオン電池(Li-ion)」のトップメーカーとしての実績をもとに、電池材料の開発から電池パックの設計・評価・生産までをお客様にトータルで提案し、サポートを続けている企業です。
仕事内容 ■生産管理業務全般【具体的には】 拡大する各社エコカーニーズに対応すべく当社電池生産能力拡大を検討 中長期での生産能力拡大に向け、生産管理機能強化を目指しています これまでの経験と適正を踏まえ、即戦力として以下の業務をご担当いただきます ・HV用電池の量産に向けた長期生産計画立案 ・HV用電池の製品導入計画立案 ・HV用電池の生産計画業務、設計変更管理業務■事業拡大及び生産管理機能強化に向けた増員将来の当社事業拡大に向けた 生産管理機能強化を目指し体制強化による増員を計画中
対象となる方
推定年収 450万円~650万円※残業時間(30時間/月)と賞与を含めて算出した年収となります
備考 世界シェアNO.1!ハイブリッド車用電池のトップメーカー

当社は1996年に「トヨタ自動車」と「パナソニック」の共同出資により設立された、ハイブリッド車・プラグインハイブリッド車用の電池メーカーです。
実は、ハイブリッド車用の電池市場では、当社が開発した製品が17年連続世界シェアNO.1を誇っています。車載用「ニッケル水素電池(NiMH)」 「リチウムイオン電池(Li-ion)」のトップメーカーとしての実績をもとに、電池材料の開発から電池パックの設計・評価・生産までをお客様にトータルで提案し、サポートを続けている企業です。

設立からのあゆみ
1996年
パナソニックEVエナジー株式会社 設立
1997年
・PEV(電気自動車)用ニッケル水素電池EV-95の開発・量産開始
・電池ECU及び検出ユニットの開発・量産開始
・コミューターPV用電源に最適なEV-28を開発
・円筒形ニッケル水素電池パックシステムを開発
2000年
・HV用樹脂ケース角型ニッケル水素電池を開発・量産開始
・HV用電池ECUを開発・量産開始
2003年
HV用改良型樹脂ケース角型ニッケル水素電池を開発・量産開始
2005年
HV用金属ケース角型ニッケル水素電池を開発・量産開始
2008年
大森事務・技術棟完成、本社移転
2009年
HV用角形リチウムイオン電池量産開始
2010年
・宮城工場稼動開始
・プライムアースEVエナジー株式会社 へ社名変更
2011年
・HV用角形リチウムイオン電池 本格量産開始
・「HV・EV事業発展に影響力の大きい世界の100人」と
して、代表取締役社長 林 芳郎表彰(米オートモーティブ・ニュース社より) 2013年
・IBA(International Battery Association)にて、Company Award受賞
・中国江蘇省にハイブリッド車用電池製造合弁会社(新中源豊田汽車能源系統有限公司)を設立

ページの先頭へ