株式会社コンセイユ静岡県西部・浜松市の転職・求人情報-コンセイユ(CONSEIL)

ホームへ戻る

求人情報

株式会社コンセイユ ホーム > 求人情報 > 技術系(電気、電子、機械) > HV用リチウムイオン電池の生産技術職

HV用リチウムイオン電池の生産技術職

No.10117
勤務地 静岡県湖西市(本社)
会社の特徴 当社は1996年に「トヨタ自動車」と「パナソニック」の共同出資により設立された、ハイブリッド車・プラグインハイブリッド車用の電池メーカーです。実は、ハイブリッド車用の電池市場では、当社が開発した製品が17年連続世界シェアNO.1を誇っています。車載用「ニッケル水素電池(NiMH)」 「リチウムイオン電池(Li-ion)」のトップメーカーとしての実績をもとに、電池材料の開発から電池パックの設計・評価・生産までをお客様にトータルで提案し、サポートを続けている企業です。
仕事内容 ■HV(ハイブリッド自動車)用リチウムイオン電池の生産技術開発業務【具体的には】・HV用リチウムイオン電池の量産に向けた生産技術開発業務・HV用リチウムイオン電池の生産準備業務(新規設備の立上げ)  HV用リチウムイオン電池は、HEV(ハイブリッド自動車)やPHV(プラグ  インハイブリッド自動車)、EV(電気自動車)の基盤技術であり、  各社の競争が激化しています。  当社はトヨタ自動車のグループとしての強みを  活かし、開発段階からトヨタ自動車と連携した電池づくりが可能です。   自動車メーカーからの高い要望をクリアし、当社製品の競争力を  高めるための各種改善プロジェクトに参画いただきがら、  常により高い目標にチャレンジし続けられる、刺激的な環境が用意されています。
対象となる方
推定年収 530万円~750万円※残業時間(30時間/月)と賞与を含めて算出した年収となります
備考 世界シェアNO.1!ハイブリッド車用電池のトップメーカー当社は1996年に「トヨタ自動車」と「パナソニック」の共同出資により設立された、ハイブリッド車・プラグインハイブリッド車用の電池メーカーです。実は、ハイブリッド車用の電池市場では、当社が開発した製品が17年連続世界シェアNO.1を誇っています。車載用「ニッケル水素電池(NiMH)」 「リチウムイオン電池(Li-ion)」のトップメーカーとしての実績をもとに、電池材料の開発から電池パックの設計・評価・生産までをお客様にトータルで提案し、サポートを続けている企業です。 1997年に発売された世界初の量産型ハイブリッド車“プリウス”を皮切りに これまで700万台以上のエコカーを世に送り出し、エコカー用電池のリーディングカンパニーとして業界を牽引してきました。 昨年 世界で初めて市販された燃料電池車“MIRAI”にも当社のニッケル水素電池が採用され、 新たなカテゴリーの開拓も進んでいます。 このように、当社のニッケル水素電池は、高出力・高容量・高耐久性・高安全性であることからお客様の信頼を得ており、 お客様から5年後、10年後に向けた技術開発を要望されている状況です。 しかし、更に先の将来を見据えてみると、電池の更なる高出力化・高容量化・低コスト化は不可避の課題であり、 ニッケル水素電池に代わるものとして開発されているのがリチウムイオン電池です。  親会社でありお客様でもあるトヨタ自動車と密接に情報共有しながら開発を進めることができる強みを活かし、 ニッケル水素電池に続いてリチウムイオン電池でも世界シェアNo.1の企業を目指して取り組んでいきます。■リチウムイオン電池の独自開発に向けた立ち上げメンバーの募集です。 私たちの事業に将来性と社会的意義を感じ、「自らの力で新しい電池を作り出していきたい」 そんな技術者スピリットに溢れた方からの応募をお待ちしております。■将来的には、リチウムイオン電池の第一人者としてご活躍いただきます ・これまでの学業や業務で得た知識・経験をもとに、量産品の課題対策や原価低減活動を通して車載用リチウムイオン電池の設計及びプロセスを習得して頂きます。 ・数年後には、上記業務で得た経験をもとに、新製品の開発においてリーダーとしてプロジェクトを推進していただき、  更に将来的には、リチウムイオン電池開発の第一人者として活躍いただく予定です。  ※適性によっては管理職としてご活躍いただきます■研究者タイプではなく、開発者タイプの方! ・当社における電池開発は、必ずターゲットの車種を定めた上で進められます。よって、携わっていただいたリチウムイオン電池は 必ず製品化され、お客様のもとに届きます。私たちの会社は研究所ではありませんので、「100年後の実用化を目指します!」という  研究者タイプの方より、「5年後には自分の手掛けた製品を世に送り出し、世界中に広めたいんです」という開発者タイプの方がマッチします。

ページの先頭へ